アスパラガスは種をまいて2年は収穫できません。やっと3年目小さなアスパラガスが収穫でき、その後約10年間収穫
できるということ。そんなに長い期間かかって収穫される食材だったんですね。大切に食べます。行楽シーズンに活躍するサンドイッチレシピのご紹介!歯ごたえのよい旬のアスパラを、タイムと一緒に香りよくグリルしました。チーズ代わりに使用したのは、 豆乳とレモンがあれば簡単に作れる「豆乳カッテージチーズ」です。お好みのパンでお試しください。

工程5
<材料>2人分
無調整豆乳   250cc
レモン汁  大さじ1

アスパラ  4本

A
タイム   3~4本
オリーブオイル  大さじ1
岩塩      小さじ1/4

ミニバケット(又はお好みのパン)  2個
工程2

1、鍋に豆乳を入れ沸騰させ、レモン汁を加えて時々混ぜながら加熱し分離させ、ボウルにザルとキッチンペーパーをのせ流しいれ、水気を切り粗熱をとる。

工程3

2、アスパラは縦半分横半分の4等分にしバットに入れ、Aを加えて和える。

工程4

3、フライパンに2を並べて火にかけ、ほんのり焦げ目がつくまで焼き、1を塗ったパンに並べて完成。

<旬の野菜栄養ポイント> シャキッとした歯ごたえと、独特の風味が美味しいアスパラガスの旬は3月~6月ごろ。このアスパラガスに含まれる「アスパラギン酸」は、代謝をスムーズにしてくれるので、疲労回復や肌や髪の再生に効果的ということで知られています。また、ビタミンAも豊富で抗酸化作用にも優れています。