鎌倉・湘南・西湘を楽しみたいみんなが毎月楽しみにしているフリーペーパー

海の近く5月号に、WiLLDを掲載いただきました。

ウミチカファンなのでとっても嬉しいです!!!ありがとうございました!

取り上げていただいたのは、ベジタリアン対応のベジランチ

撮影の日は

黒米入りのおむすび2つに、

車ふのフライ

大磯ラディッシュと平塚きゅうりのピクルス

ビーツとひよこ豆のペースト

大磯ブロッコリーとひよこ豆のサブジ

大磯ねぎ味噌

大磯ほうれん草のケイクサレ

大磯ベビーリーフ

塩麹のスープ

お豆腐とアーモンドのタルト

ケイクサレには平飼卵を使用しているのでヴィーガンではありませんが、ヴィーガン対応も可能です。1歳になるかならないかのお子様の離乳食を作ることもあるので、はちみつもお店では使用していません。乳製品は、ケータリングの時ご要望があれば使用しますが、基本お店に牛乳もバターもチーズも置いていません。

最近はヴィーガンの海外からのお客さんのご来店もチラホラと。ありがとうございます。

でも、WiLLD(ウィルド)はベジタリアン・ヴィーガン専門のお店、ではありません。

ベジタリアン、ヴィーガン、アレルギーのある方の対応もできます。

私がWiLLDで伝えたいのは、

カラダにいいごはん、環境にいいごはん=我慢

ではなく、どんな人も、どんな時も、食べ物は「選択できる」「自由である」「楽しめる」

そうあってほしいということ。

カラダを整えるごはん、環境を破壊しない食事、

考えすぎると、美味しくなくなってしまいます。

・アレルギーがあってもお友達と同じ食卓で楽しめるWiLLDへ行こう。

・ベジタリアンの友達を食事に誘いたいからWiLLDへ行こう。

・野菜が色々食べたいからWiLLDへ行こう。

・不摂生が続いたから、今日はWiLLDのごはんを食べよう。

・たまには揚げ物が食べたいけど、罪悪感は無しにしたいから、WiLLDでから揚げを食べよう。

・週1日はベジタリアン生活を送りたいけど自分では作れないからWiLLDに行こう。

・今日は子供にちゃんとしたもの作る時間がないからWiLLDで給食ランチを頼もう。

そんな風に、利用してもらえて、

「なんだか自分にいいことした気がする」と思ってもらえるごはんであったら嬉しいです。

罪悪感のないおいしいごはん。日々研究続けます。